カテゴリー別アーカイブ: 誘惑

愛人募集掲示板

愛人募集掲示板で知り合ったナナセさんは、どこか陰のある人だなとは思っていた。
当時の僕には奥さんがいた。そして、ナナセさんも人妻だった。つまり僕たちはダブル不倫だったわけである。
「お互いが愛人ですね」
と、ナナセさんは笑っていた。そうなのである。僕にとってナナセさんは愛人、彼女にとって僕は愛人。お互いに本家のパートナーはいる者同士の愛人関係だった。
なぜ愛人募集掲示板で旦那さん以外の男性を求めたのか?と聞くと、ナナセさんは「あなたと同じ理由」と言っていた。僕と同じ理由とはどういうことだろう?僕は別に奥さんに不満があったわけではない。ただ、マンネリで自分への刺激が無くなったことは確かだ。こんな言い方が適切かどうかはわからないが、いわば火遊びだ。ナナセさんにとっても、本気にはならない火遊び程度の愛人募集掲示板への書き込みだったのだろう。
ただ、遊びだったのだけど、ナナセさんと交わっている時は本気だった。そのひと時だけは奥さん以上に彼女のことを愛したと言っていい。それは、ナナセさんもきっと同じだったのではないだろうか。彼女は僕の上で何度も果てた。
愛人募集掲示板を使って分かった困った時に支援してくれる人の探し方
ただ、それも過去の話だ。ある日、ナナセさんとは連絡が取れなくなった。所詮火遊びだ。遊びは飽きるもの。正直な話、僕はまだまだ未練はあったが、相手が飽きてしまったらそれまで。わずかな間だったが、楽しませてくれて本気で愛し合わせてくれたナナセさんには感謝しかなかった。そして、願わくば、またナナセさんが火遊びをしたくなった時は、僕を指名してくれることを望んでいた。しかし、それは永遠に叶わない夢だった。
ナナセさんは既にこの世にいなかった。彼女のSNSには身内の方が訃報を書き込んでいた。ナナセさんは交通事故で亡くなっていた。その日付を見ると、僕との最後の逢瀬を楽しんだ日のことだった。その帰り道で彼女は事故に遭いこの世を去っていた。
ナナセさんは僕との愛人契約を残したままこの世を後にした。つまり、永遠に僕の愛人となった。忘れようにも忘れられないナナセさんとの記憶とともに、僕は彼女の分までのうのうと生きていくことになるのだろう。
無償でお金が欲しい
愛人募集掲示板

クリ責め

高校生の頃、僕はクラスメイトの女の子に告白を受けた。おとなしく目立たない女の子であり、机の中に入っていたラブレターには「大好きです」と書かれていた。
正直なところ、僕の好みではなかった。しかし、当時の僕は焦っていた。友達から次々と初体験報告を受けていたからだ。僕は、表面上は「別に早くセックスを体験したからっていい事なんて何もないだろ」とクールに装っていたが、心の中では、もしかしたらこのまま一生きっかけもなく童貞のままの人生なのではないだろうか、と結構な圧で気持ちが追い込まれていたのだ。
そこで、やらせてくれるならこの子でもいい、と思って僕は彼女の告白に答えたのだ。残念ながら、当時の僕は童貞を卒業することしか考えていなかった。僕のことを本当に好きだったらしい彼女の心を僕は童貞卒業のためだけに利用したのである。
クリ責めするのが大好きな僕にクリ開発を希望するセフレが出来るまで
僕の要望に彼女はすべて答えてくれた。ベッドインも告白されてから1週間も経ってない頃だったと思う。初めて見る女性のまんこに僕の興奮は頂点に達した。確か、友達の話によるとクリトリスを責めると女性は悦ぶはずだと、僕はまだ熟れきっていない処女まんこを押し広げてクリトリスを探りまくった。とにかくクリ責めをしないと!と僕はさやから強引にクリをむき出して加減もわからず「痛い痛いやめて!」との彼女の叫びも無視して、まるでレイプするかのようにクリ責めをしたのだ。
もちろん、そんな乱暴なクリ責めでお互いに達することはなかった。そして、彼女はもう二度と僕の求めに応じてくれることはなくなり、卒業と同時に僕たちの関係は途絶えた。
あれから10年が経とうとしている。その件があって以来、僕は泣き叫ぶ彼女の姿がトラウマになり、怖くてセックスができない体になっていた。そんな一生童貞を覚悟していた僕を見かねたのか、会社の先輩がソープランドに連れて行ってくれた。そこで僕はようやくソープ嬢様に丁寧に教わりながら童貞を卒業したのである。
その流れで僕はいかに彼女にひどいクリ責めをしていたか思い知ることになった。「クリは敏感だからね。君だってペニスを乱暴にされたら痛いだけでしょ?」と言うソープ嬢様の言葉に僕は項垂れるしかなかった。僕がソープ嬢様の中で果てた後、ふと彼女を見ると優しい目で僕を見てくれていた。なんとなく、その目がかつてのあの彼女に似ているような気がした。
エロチャット
無修正のオナニー